このブログの著者について
Webライター

【重要】Webライター初心者にブログがおすすめな理由7選

星よもぎ

結論、Webライター初心者はブログ運営をすべきです。

なぜなら、案件に応募する際「実績の証明が必要」だからです。

この記事の著者

名前 / Name  
星よもぎ 

実績 / Achievements
Webライターとして活動中。

現在、移住者向けの記事を執筆している。

取材ライターを目指して経験を積んでいる最中で、

ファイナンシャルプランナーの勉強もしている。

ご依頼はDMからお願いいたします。

この記事を読むと「Webライター初心者にブログが必要な理由」が分かり、

初心者でも仕事を獲得することができます

Webライターを始めようと思ってはいるけど、ブログを書くべきなのか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

「ブログなし」「実績ゼロ」で案件を取るのは、実際かなり難しいです。

そのためにもブログが必要な理由を知り、正しい方法で運営をすることが重要です。

この記事でわかること
  • Webライターにブログが必要な理由
  • ブログの始め方
  • ブログ運営のコツ

これからブログを始めようか迷っているWebライターのあたなに、お役に立てる内容になっています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

Webライター初心者にブログがおすすめな理由7選

  1. ブログは自分の実績になるから
  2. ライティングスキルが向上するから
  3. WordPressの使い方に慣れるから
  4. SEOスキルが身につくから
  5. 得意分野の案件を取れるから
  6. ブログ収入を得られるから
  7. ブログを通して仕事の依頼がくるから

私自身、初めて仕事を頂いた時に活躍したのがまさに「ブログ」でした。

現在活躍しているライターさん達も、以下の理由でブログ運営に力を入れています。

それでは、1つずつ説明していきます。

1.ブログは自分の実績になるから

ブログで書いた記事は、案件応募の際にあなたのポートフォリオとして使えます。

自分のスキルをクライアントに正確に伝える手段として有効です。

また、過去に受注した案件はポートフォリオ専用ページに載せ、クライアントにしっかり自己アピールをしましょう。

ポートフォリオとは?

自分のスキルや経験、作品などの実績がまとめられているもの。

2.ライティングスキルが向上するから

Webライターとブロガーの記事の書き方には、多くの共通点があります。

文章を書く回数を重ねていくと構成の方法や型が定まってくるので、効率よい執筆方法の習得が可能です。

また、案件に応募をするとほとんどの場合、テストライティングがあります。

Webライターとして活躍するには、文章を書く練習が不可欠です。

ブログをたくさん書いて練習しておくと、合格に近づけるのでとてもおすすめの方法ですよ。

3.WordPressの使い方に慣れるから

WordPressに直接入稿という案件をよく見かけます。

ブログを書くことで操作に慣れておくと、執筆も入稿もスムーズにできるようになりますよ。

また、WordPressが使えると応募できる案件も増えるので収入アップにもつながり、よいことだらけです。

4.SEO対策の実践スキルが身につくから

SEO対策はWebライターにとって必須のスキルといえます。

なぜなら、クライアントは自社サイトを検索上位に表示し、収益につなげたいからです。

まずは本やWebライター講座などでSEO対策の知識をつけてから、自身のブログで実践していきましょう。

SEO対策とは?

検索ランキングでWebサイトを上位表示させることを目的とした対策のこと。

5.得意分野の案件を取れるから

ジャンルに特化したブログを書くと知識が増え、自分の専門分野になっていきます。

得意分野があると単価も高く採用率も上がる傾向にあるため、運営するなら「特化ブログ」がおすすめです。

自身の武器にもなるのでぜひ挑戦してみてください。

6.不労所得を得られるから

以下がブログで収益化する方法です。

広告主が「ASP」に自社商品の広告を依頼し、ブロガーが商品を紹介します。

読者が購入することでブログ運営者に報酬が入ってくる仕組みです。

ブログを書き続ければ資産となり、寝ている間もアフィリエイトで収益を得ることが可能になります。

ぜひWebライターで稼ぎながら、ブログで不労所得を得られるようチャレンジしてみましょう。

アフィリエイトとは?

読者がブログ記事に貼った広告をクリックし商品を購入すると、ブログ運営者に報酬が支払われる仕組みのことです。

7.ブログを通して仕事の依頼がくるから

ブログを見たクライアントが「記事を書いてほしい」と直接仕事の依頼をしてくれることがあります。

この場合は、自分から文字単価を交渉することも可能です。

読者の悩みや不安を解決してくれる記事を書けるWebライターは重宝されます。

ブログには忘れずに「お問い合わせページ」をつくり、いつでも依頼してもらえるようにしておきましょう。

Webライターとブロガー2つの共通点

Webライターとブロガーを5つの視点から比較してみました。

     比較項目    Webライター     ブロガー
仕事内容ライティングライティング・サイト運営
執筆記事依頼された記事自分で決めた記事
収入条件文字単価成果報酬
目的企業の売上アップ広告主の売上アップ
即金性ありなし

共通するのは仕事内容の「ライティング」と目的の「売上アップ」の2つなので、記事の書き方はほとんど同じです。

Webライターは働いた分だけ稼ぐことができ、一方、ブロガーは利益が出始めるまでは時間がかかります。

しかし、ブログを書くことで執筆の練習にもなり、Webマーケティングも学べるので一石二鳥でおすすめですよ。

【クライアント目線】ブログがないWebライターの印象3選

ブログのないWebライターにどの程度のやる気があるのかわからず、企業側は採用をためらうことがあります。

理由は以下の3つです。

  1. 実力がわからない人に依頼するリスクが高い
  2. 人物像が想像できないため依頼しにくい
  3. Webライターとしての本気度が判断しづらい

それでは、1つずつ詳しく説明します。

1.実力がわからない人に依頼するリスクが高い

Webライターとしての情報が全くない人には、下の3つのリスクが考えられるからです。

  • 記事が低品質である
  • 修正回数が多い
  • 他のWebライターを探さなくてはなならない可能性がある

クライアントとしては、ポートフォリオとしてブログを確認したいのが実情です。

テストライティングの結果だけではなく、ブログの品質がよい人を採用するケースもあります。

がんばって提案文を作成してもブログがなければ受注率は上がらないので、Webライターとして活躍するためにもぜひ挑戦してくださいね。

2.人物像が想像できないため依頼しにくい

どのような人か全くわからない状況では、下の4つのトラブルが考えられるからです。

  1. 円滑なコミュニケーションが取れない
  2. 修正対応をしてもらえない
  3. 悪い評価をつけられる
  4. SNSで悪い評判を流す

クライアントは、可能な限りトラブルは避けたいので、ブログを通してを人間性を確認したいのです。

ブログで使われている言葉や表現で、ある程度人柄を想像することができます。

Webライターとして少しくらい力不足でも「やる気が感じられる」と伝われば、仕事に繋がることがあるので、ブログはおすすめですよ。

3.Webライターとしての本気度がわかりづらい

ポートフォリオがないと「軽い気持ちで応募してきたのかな」と感じるからです。

応募条件の一つに「ポートフォリオ必須」と記載があるので、基本的になければなりません。

たとえ、文章スキルが十分でなくても「本気でWebライターに挑戦していることのアピール」としてブログ運営をしましょう。

かんたん5ステップのブログの始め方

以下のたった5ステップでブログが始められますよ。

  1. ブログを開設する
  2. デザインを決める
  3. ジャンルを絞る
  4. ASPに登録する
  5. ブログを書いてみる

では、早速5つ見ていきましょう。

1.ブログを開設する

まずは、サーバー(土地)を借りましょう。

同時にドメイン(住所)も取得可能です。

ブログには、無料と有料のものがありますが、SEO対策や収益化を考えるのであれば、断然、有料の「WordPressブログ」がおすすめです。

なぜなら、日本のWordPressシェア率が83.6%も占めているからです。

出典:【2023調査】CMS人気シェアランキング/WordPressシェア【日本/海外】|://MANUON

私も契約している「ConoHa WING」では「WordPressかんたんセットアップ」が用意されていて、初心者でもたったの10分でブログ開設ができますよ。

月に1,000円程のコストがかかりますが、SEO対策や収益化に力を入れたい人は、選択肢にいれることをおすすめします。

(Webライターにおすすめのレンタルサーバーの記事は、順次公開予定です。)

2.デザインを決める

サイト全体を「テーマ」と呼ばれるデザイン変更テンプレートで、おしゃれに調整します。

無料テーマもありますが、Webライターにおすすめなのは「有料テーマ」です。

お金がかからないことが無料テーマのメリットですが、SEO対策やサポート面が不十分であり、収益化にも向いていません。

ブログ記事の執筆は、予想以上に時間がかかるものです。

スタイリッシュで機能的な有料テーマにすると、省ける作業がたくさんあるので、記事を書くことだけに専念できますよ。

3.ジャンルを絞る

1つのジャンルに決めて書く「特化ブログ」の運営をおすすめします。

SEO対策の面でも、専門的に書かれたブログはよい評価を受け、上位に表示されやすいからです。

ジャンル選びで大切なことは以下の7つです。

  1. 市場規模が大きいジャンルを選ぶ
  2. 需要が増加傾向の市場を狙う
  3. 競合の多くが企業ではないかを確認する
  4. アフィリエイト広告があるかを確認する
  5. 成果報酬が安すぎないかを確認する
  6. 自身の体験や専門性を発揮できるかを考える
  7. 興味関心を持って継続できそうかを考える

ブログのジャンル選びで、稼げるかどうかが決まってしまうと言っても過言ではありません。

慎重に時間をかけて決めましょう。

4.ASPに登録する

ブログの準備が整ったら、収益化の仕組みを作りましょう。

登録は「完全無料」なので安心です。

ASPによって、取り扱っている商品が違うので最低3つは登録しておきましょう。

ASPとは?

広告主とアフィリエータ―を仲介するサービスのこと。

おすすめのASPを3つ載せておくので、参考になればうれしいです。

  • A8.net(エーハチネット)  案件数NO.1、業界最大級のASP
  • もしもアフィリエイト    広告主とASPの両方から報酬GET
  • バリューコマース      老舗のASPで信頼度が抜群、独占案件が豊富

5.ブログを書いてみる

ASPの登録が終わったら、記事を書いてみましょう。

執筆する上で一番重要なことは、「読者の悩みや不安を解決できる記事」に仕上げることです。

読者に寄り添い、さまざまな視点から生まれる疑問を払拭できる内容にします。

そのためには、正しい記事の書き方を学び、ブログで訓練することで文章スキルがアップしますよ。

(【Webライター初心者向け】正しい文章の書きかたマニュアル 順次公開予定です)

初めてのブログ運営3つのコツ

以下の3つのコツがポイントです。

  1. クオリティの高い記事を書く
  2. 得意ジャンルの記事を書く
  3. プロフィール記事を用意する

では、1つずつ説明していきますね。

1.クオリティの高い記事を書く

ブログは、クライアントに提示するポートフォリオにもなり、読者のためにも価値ある記事でなければならないからです。

低品質な記事がたくさんあっても、クライアントから評価されず、読者にも読まれません。

仕事の受注率や収益を得るためにも、高品質な記事を目指してくださいね。

2.得意ジャンルの記事を書く

クライアントは、ブログで書いた記事をあなたの得意ジャンルとして認識するからです。

専門的に執筆できる分野は、自身の強みになり「文字単価を上げる」ことにも繋がります。

ただし「得意ジャンルで執筆=収益化」ではないので、せっかく努力するのであれば、稼げる分野かどうかは確認するようにしましょう。    

(「アフィリエイトで稼げないジャンルについて」の記事は、順次公開)

3.プロフィール記事を用意する

ブログ記事だけでは、クライアントはあなたの経歴や実績の把握ができないからです。

案件獲得のために、下記の7つを載せたプロフィールを作成しましょう。

  1. 本名(できる限り)
  2. 自分の写真や似顔絵
  3. 経歴と実績
  4. 得意分野
  5. 自分のできること(使えるツールなども)
  6. 希望の文字単価
  7. 問い合わせ先(リンクでもOK)

専用ページがあると、クライアントは一目で必要な情報を収集できるので、依頼がしやすく受注率アップが望めますよ。

Webライター初心者がブログを始める時の7つの注意点

ブログ運営をする際の注意点7つを紹介します。

  1. 過激な発言はしない
  2. 即金性はない
  3. 手抜き記事は書かない
  4. ブログ運営はコストがかかる
  5. やることリストの作成で自己管理をする
  6. 言葉のクセに気をつける
  7. 忙しくてもブログの更新は続ける

それでは、順番に解説していきますね。

1.過激な発言はしない

ブログで過激な発言をしてしまうと「クライアントに悪い印象」を与え「受注率が落ちる」からです。

過激発言の具体例3つです。

  • 人の悪口や暴言
  • 宗教や障害などに対する偏見発言
  • 人を不快にさせる発言

SNS運用もする場合、クライアントは「どのような発信をしているのか」を見ています。

「この人と一緒に仕事がしてみたい」と思ってもらえるような、Webライターにふさわしい内容で発信をしていきましょう。

2.ブログ運営は即金性はない

個人差はありますが、ブログで収益化するには早くても6か月程度かかるからです。

「やめておこうかな……」私も最初は同じことを思いました。

しかし、正しいブログの書き方で読者に寄り添う記事の執筆を続けていれば、寝ている間も稼いでくれる資産になります。

万が一、収益が得られなくても「Webライターとしての資産」となり、受注率アップが見込めるので、ぜひ挑戦しましょう。

(「ブログで稼げるようになるには」の記事は、順次公開)

3.手抜き記事は書かない

内容の薄い記事を書いても「Webライター」としても「ブロガー」としても評価されないからです。

クライアントは、高品質な記事を執筆できるWebライターを求めています。

ブログもSEO対策を意識した丁寧な構成と文章で書くようにしましょう。

4.ブログ運営はコストがかかる

レンタルサーバーとドメイン代で、月1,000円程度のコストが必要だからです。

本腰を入れてやる場合は「有料テーマやキーワード検索ツール」の費用も必要になります。

ただし「ブログ」は副業の中でも圧倒的に初期費用が少なくて済み、在庫を抱える必要もないので初心者にはおすすめです。

例えば他の副業「動画編集者」の場合だと、PC代を含め20万円以上、プラスでスクール代や講座代が追加になります。

一方、ブログは年間12,000円程度でできる副業なので、ハードルが低く挑戦しやすいのが魅力です。

(「ブログの初期費用について」の記事は、順次公開)

5.やることリストの作成で自己管理をする

Webライターとブロガーの両立は想像以上に大変だからです。

やることリストを目につく場所に貼っておきましょう。

やることリスト

  • Webライター案件 〇日まで
  • ブログ記事    〇日まで 

スケジュールをいつでも確認できるようにしておくと、常にやるべきことの意識ができるのでおすすめですよ。

6.言葉のクセに気をつける

Webライターは、企業の看板を背負って記事を書くため、ブログのように親近感のある言葉遣いでの執筆はタブーだからです。

万が一、ブログと同じ感覚で執筆してしまうと修正依頼がくるでしょう。

解決策としては、ブログもWebライター案件も両方「丁寧な言葉遣い」で書くようにすると回避できますよ。

7.忙しくてもブログの更新は続ける

1週間に1記事でも書き続けることで、文章スキルや構成スキルが向上するからです。

また、特化ブログで書いている場合は、収益化に近づきます。

Googleでは、更新頻度が高いサイトは上位表示されやすく、一方で、あまり更新されていないサイトだと順位が下がる傾向にあるのです。

また、クライアント側も「積極的に活動していて向上心のある人だ」とあなたのことを評価してくれるでしょう。

隙間時間に少しずつ書いたり、スケジュールを見直してみると意外とブログに使える時間を捻出できますよ。

Webライターで書いた記事はブログに載せてもいいの?

掲載の判断は、クライアントによって違います。

禁止しているところもあるので注意が必要です。

後でトラブルになると困るので、事前に確認を取るようにしてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Webライター初心者にブログがおすすめな理由が、おわかりになったかと思います。

収益化するしないに関わらず、ブログ運営をするメリットは十分にあるので、ぜひ今から始めてみてくださいね。

1人でも多くのWebライター初心者さんに届きますように……

Webライター になりたい方の参考になれば嬉しいです。

私が受講したWebライター講座のご案内

Writing Hacks(ライティングハックス) 

プロの指導で、全くの初心者でも最短で稼げるWebライターになれる講座。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
星よもぎ
星よもぎ
Webライター
子育て中の主婦ライター。Webライターに興味を持ち副業として始める。現在、移住者向けの記事を執筆中。取材ライターとして実績を積む傍ら、ファイナンシャルプランナーの勉強中。夢は、独立して好きな場所で自由に仕事をすること。
記事URLをコピーしました